2018/01/23

2018FSW第11回新春おもいっきり7時間耐久レース に参戦して来ました。

2018年、サーキット初走行は1月14日に行われた2018FSW第11回新春おもいっきり7時間耐久レースです。

その前日13日に全ドライバーさんと共に4時間の練習走行からスタートです。

晴天です!

今回、細川慎弥プロには監督兼、講師としてドライブして頂き、各ドライバーさん達を助手席へ乗せて同乗走行しながら勉強して頂きます。

先ずはお馴染みになりつつあるリビルトタービン屋さん㈱SHOWAの川上社長。

今回のドライバーは私を含めて4名ですが僕は練習せず、以前ドライビングアカデミーに参加して頂いた久々のドライブですが白井さん⇒RS3は今回初ドライブですが細川さんの奥さま(ユイカさん)の順に。

メカニックさんは大阪から応援に来て下さった菅原スーパーメカさんとサポートのたっちゃんさんです。

そして白井さんのドライブ順になった際に、無線連絡。【何か変な音がする・・・】

すかさず緊急ピットです。

そして導き出された原因が、タービンからの異音。。

思えば去年、夏の12時間耐久レースやサーキットスポーツ走行だけでも30分×30本に加え、スプリントレースなどにも出ていたのでそろそろ限界なのかもしれません。

普通はここで諦める(リタイヤする)のですが、奇跡が重なります!

①白井さんが異音に気が付くのが早かった為、軽症で済んだ。

②川上さんがターボチャージャーのリビルト屋さんで、RS3用のタービンを在庫していた。

③スーパーメカニックの菅原さんとたっちゃんが今回来て下さっていた。

④白井さんが過去に車のパーツ卸屋さんに在籍して居た為、サーキットの近所で貸しガレージ屋さんを直ぐに見つけて下さった。

そして早速、貸しガレージ屋さんへ移動しつつ、手配した赤帽さんからタービンの到着までに出来るだけ車両をバラシます。

それにしてもタービン交換する予定など当然なかったので、大した工具もない中、メンバー・ドライブシャフト・マフラーなど全て外してからようやくタービンにアクセス出来たのは流石です!

後日壊れたタービンをバラバラにして検査したところ・・・

ベアリングが壊れた為、タービンケースに羽が当たり異音が発生したことが判明。

気が付くのが遅れ、もう少し走っていたらタービンブレードが粉々になり、エンジン本体へもダメージが及んでいたと思うとゾッとします(;'∀')

強化したタービンでさえこのような状態になるので、純正のままでしたらとっくにブローしていましたね。

日が落ちると一気に気温が下がり、過酷な環境と状況下でも笑いを忘れない菅原メカの姿勢は尊敬します!

ガレージ屋さんのBUFFALOの佐藤社長も足りない工具や暖房器具など快く貸し出して下さり、神様に見えました!

それでもガレージ内の気温は5度。。外はマイナス(;'∀')

苦労は多々ありましたが名古屋から御殿場まで僅か3時間で無事に届いたNEWタービンも装着し。

細川監督もオートサロンのトークショーを終えた後に心配して駆けつけて下さり色々お手伝いして下さりました。

エンジンも無事に掛かり(その瞬間、涙が出そうに)チェック走行を終えたのが。。

実に約12時間の作業でした!

皆さん本当にお疲れ様でした!!!!

迎えた翌日。

一部の方以外、周りの方々はまさかタービン交換を夜中まで行っていた事は知らないので、何とも不思議な心境です(笑)

念の為、スタートドライバーは各種チェックを兼ねて私が担当。

今回の参加台数は76台で、本来グリッドスタートですが申し込みが遅かった為、PITから74番目のスタートです。

私からのスタート⇒川上さん⇒白井さん⇒ユイカさんの順で車載カメラの様子です。

※一部、長ーいセイフティーカー導入時以外はほぼ無編集なので長い動画です(笑)

ほぼ最後尾スタートなので、とにかくプッシュ!

満タンで55リッター。全開プッシュ走行すると実質40分位で給油ランプが点灯しちゃいます(´;ω;`)

その後、何の問題もなく順調に周回。

ユイカさんは昨日練習走行出来なかったのでぶっつけ本番!

給油のタイミングなど監督がお子様のお守りをしながら考えてくれてます(笑)

4時間経過した頃にタイヤ交換を決断!

ジャッキ1本でタイヤ4本交換に掛かった時間は僅か5分。

各ドライバー交代時に給油。

後半の動画です。

皆さん2スティント目には電子制御をOFFにしたりベストラップを更新したりドライブ時間を長くしたりかなり慣れて上達して下さったのが目に見えて嬉しかったです(^_-)-☆

70台以上走っている中で上手く・速く走らせるのは相当の集中力が必要なので、車両から降りるとぐったりします(;'∀')

あっという間のゴールまでラストスティント。

絶対に完走&少しでも順位を上げるゾっ!とやる気満々のポーズ。

残り1周で後ろから速いポルシェが来たので、早めにウィンカーを出して譲ったにも関わらず当てられちゃいました(´;ω;`)

が、無事完走!

当てられたポルシェのタイヤ痕がくっきり(笑)

7時間無事走ってくれたINCELL RS3号もお疲れ様です!

結果は総合76台中31位。

NR-1クラス19台中何と8位!

因みにNR-1クラスとはラジアルタイヤである事のみがルールなのでR35-GTRやポルシェなどが競合となります。

その中で前日のトラブルを克服しあくまでもエンジョイが目的な中でのこの結果は素直に嬉しいです。

そしてこのメカニックさん達の苦労に良い結果で恩返しが出来てとても良かったです。

また次回もパワーアップして挑戦致しますので、TEAM INCELLの応援も宜しくお願い致します。

Copyright© INCELL , 2018 AllRights Reserved.