> incell 葛飾細田 Residen… > incell 葛飾細田 C/D棟の進捗…

2022年7月20日

incell 葛飾細田 C/D棟の進捗状況

incell 葛飾細田 C/D棟の2022年10月の完成に向けて現場視察に行って参りました。

写真は外壁の塗り(吹付塗装ではなく、手塗りなんですよ!)の下地処理段階ですが、完成時は写真左手前と同じトーンになります。

逆サイドから

完成時の外観はA/B棟と同じに合わせて行きますが、間取りはしっかりと進化しています。

今回の進化の目玉は・・・

シャッター幅とガレージ内を今までの2台止めタイプよりも更に広く致しました!

写真では分かり難いのですが、

車を格納してみますと・・・

現行型Audi RS6がまるで軽自動車のように見えてしまいます。

※広すぎて写真に納まらない為、広角レンズを使用しています。

因みに車両サイズはW1960×L4995なのでかなり大きめのサイズです。

反対側

階段下の空間は椅子とテーブルを置いて愛車を愛でたり、トヨタハイエースグランドキャビンのような全長の長い車両でも余裕で格納が可能です。

そしてもう一つのポイントは、スケルトン階段になりましたので抜け感が生まれ、ガレージ内に格納した愛車を身近に感じる事も可能。

写真では分かり難く、地味ですが最大のポイントはシャッター間口の広さです!

格納時の車両切り替えしが必要なく、直感的に止めることが可能。

W4800×H2600なので例えばメルセデスGクラスとスーパーカーなど2台止めましてもドアの開閉時に気を使うこともなくゆったり乗り降りが可能です!

2階

居室部分だけで22.8帖もあります

窓からは目の前に広がる公園が一望できますので、四季折々の風景を楽しむ事が可能です!

 

反対側

クローゼット建具はまだ取り付けてありませんが収納もたっぷりしていますので、雑多な物は全て隠す事が可能です。

この建物オーナー様と、今回で4棟目のinCELL建築させて頂きました。

inCELLの世界観やブランド力・ご入居者様視点への配慮など、双方の理解がより深まったと実感しています。

今回の建築に際し、今まで以上に各種テクスチャー選定などにも積極的に参加頂き、楽しみながら進めて参りました。

このように、ご入居者視点も考えたオーナー様と共に作り上げた物件は必ず人気が出ます。

それを裏付けるように、既にご入居のお問い合わせを頂戴しております。

完成は勿論、撮影が今から待ち遠しいです!

 

サイト内検索

カテゴリー
インフォメーション
社長のブログ
動画
ガレージライフ

最新の投稿(5件)
弊社が理想とするご入居者様の属性とは?
プレミアムなカーマガジンのOCTANE(オクタン)社の取材をお受け致しました。
インテリアパートナー【GARRET INTERIOR】のご紹介
ご協力に感謝しかありません!【ランボルギーニ麻布店様編】
今後のガレージハウス業界?

過去の記事